スケジュール管理の基本

 
  1. 戦略、基本方針に関する関係者のコンセンサス(複数の人による合意)を得る。
  2.  

  3. 実行計画を立てる。
  4.  

  5. 定期的にチェックする。
  6.  

    •  重要事項については徹底した確認を行なう。
    •  人に任せっぱなしでなく、必ず定期的にチェックを行なう。
    •  極力直接あって進歩状況を話し合う。
    •  必ずスケジュール表と対比を行なう。
    •  どこかでなにもしてない状態になっていないか気を配る。

     

  7. 非定常業務の場合には特に注意して管理する。
  8.  

 

ポイント

 

関連業務すべてについてスケジュール表を整理してもっておきます。
非定常業務とは、『実績の無い業務』であってその人にとって始めての業務になります。
定常業務のように、正確に仕事内容、作業量など見積もれないので、スケジュールが狂いがちになります。
その上、新しい問題が生じて来ることもあります。

 

 

スケジュール管理の基本関連ページ

時間管理のテクニック
スピード処理による時間管理
中心思考による時間管理法
頭を使った時間管理法
新しい仕事を早く覚える方法
忙しすぎて困ってる人に
Getting Things Done GTDとはなにか?
GTDとは(Getting Things Done、ゲッティング・シングス・ダン)の略であり、アメリカのコンサルタン デビッド・アレン氏が提唱した理論です。