新しい仕事を早く覚える方法

 
  1. すぐに役立つものから覚えていく。
  2.  

  3. 基本に忠実に。
  4.  

  5. 実践の場で覚える。
  6.  

  7. 記憶の方法を工夫する。
  8.  

  9. 繰り返しツールを利用する。
  10.  

  11. 活字などから吸収した知識の断片を実際に自分の知識にする。
  12.  

  13. 初めにマスターする日付を設定する。
  14.  

  15. 限界に挑戦。

 

ポイント

 

仕事でも、勉強です。実践の場を求めて積極的にチャンスを見つけます。

 

記憶方法については、

  1. 芋づる式に記憶する。
    •  一つのことを覚えたら、一緒に関連事項も記憶する。
    •  自分の他の記憶と結び付けて記憶する。

     

  2. 無意味なものは有意化して記憶する。(何故そうなのかを容易に)
    •  判る事柄は、確認し、理由付けをもって記憶。
    •  その他は、発音上や形態上の類似物などと関連付けて連想などを利用して記憶します。

     

  3. 記憶は極力イメージ化して形で記憶するように。
  4.  

  5. 周囲の状況の中で記憶。
  6.  

    •  何(What) どこで(Where) いつ(When) 誰・誰が(Who) 誰のため(Whom) なぜ(Why) どんな(How) 6W1H分類法
    •  ツール(カード・メモ帳・iPhoneなど)を活用。
    •  専門家のアドバイス。自分の限界の確認。
    •  

     

 

新しい仕事を早く覚える方法関連ページ

時間管理のテクニック
スピード処理による時間管理
中心思考による時間管理法
頭を使った時間管理法
スケジュール管理の基本
忙しすぎて困ってる人に
Getting Things Done GTDとはなにか?
GTDとは(Getting Things Done、ゲッティング・シングス・ダン)の略であり、アメリカのコンサルタン デビッド・アレン氏が提唱した理論です。