頭を使った時間管理法

 
  1. 常に先を予測し、出来る事は前もってやる。俯瞰するという事。
  2.  

  3. 手順をよく考える。
  4.  

  5. 道筋を立てて、一歩一歩前進する。

 

ポイント

 

共同作業の場合、関係者の準備期間も考慮に入れ、総合的展開を図ります。
基本原則は、自分だけ焦っても効果がでない。そして、同じことの繰り返し二度手間は極力避ける。
段取り、前準備を重視し効率のいい方法で行なう事を心がける。

 

効率的行動法

 

  1. 優れた仮説により無駄な調査を省く。(専門家やインフルエンサーの意見をすすんで取り入れる。)
  2.  

  3. 優れた計画により無駄な作業を最小にし最短距離で結果をだす。
  4.  

  5. 根本の原因を取り除くことはせず、応急処理の繰り返しという、スパイラルに陥らないようにする。
  6.  

  7. 計画を途中で大きく変更しないように、基本方針(柱、気概、志し)については、最初に十分検討すること。
  8.  

  9. 実現の可能性の低いものに手を出さない。(順序がある。焦らず一つ一つ。)
  10.  

必要情報を短時間に探し出すには、優れた仮説をたて、十分に対象を絞り込んで調査します。
ですから、動くと言う事と、働くと言う事では、その質に大きな違いがあります。
動いて時間を消費していると、働いてる気になるから要注意です。
構想が曖昧な企画・計画をいい加減に立てると無駄な仕事になる場合が多いのです。
また、効率的な仕事をするときには、可能性があると判断した場合。総力を挙げて必ず成功させることです。
(実現した時の効果の大きさ。メリットを考慮する必要が、もちろんあります。)

 

頭を使った時間管理法関連ページ

時間管理のテクニック
スピード処理による時間管理
中心思考による時間管理法
新しい仕事を早く覚える方法
スケジュール管理の基本
忙しすぎて困ってる人に
Getting Things Done GTDとはなにか?
GTDとは(Getting Things Done、ゲッティング・シングス・ダン)の略であり、アメリカのコンサルタン デビッド・アレン氏が提唱した理論です。