中心思考による時間管理法

 

 仕事の重要・非重要度を把握し重要度の低いところで時間をとらないようにします。
とくに、戦略による絞込みや戦術上のポイントあるいは問題点による絞込みが重要です。
 さらに重要なことは、次はどうするか?という、行動まで整理を進めることが大切です。
中心点(重要なポイント)が明確であると再開時にスムーズにスタートが切れます。
それから今後のチェックポイントを見やすいところにハッキリクッキリ書き残しましょう。
次回の参考にもなります。
仕事中に集中力を妨げる雑念が沸いた時は、メモに書きとめて後で処理するようにします。
当座は安心してすっかり忘れて仕事に打ちこめれます。

 

  1. 短時間に中心・骨組み・バランスを掴む。
  2.  

  3. 素早く当事者として中心に溶け込む。
  4.  

  5. 戦術のポイント、問題点を明確に把握しポイント以外のところで時間をとられないこと。
  6.  

  7. あふれる情報の中から価値のある情報を効率的に探し出すには、絞込みを工夫する。
  8.  

  9. 混乱状態のままで物事を中断・途中やめにしない。
  10.  

  11. 短期記憶力を高め、中心骨組みだけは忘れないで、次の再開時に備える。
  12.  

  13. その場その場で頭の切り替えをきちんと行い、集中する。
 

中心思考による時間管理法関連ページ

時間管理のテクニック
スピード処理による時間管理
頭を使った時間管理法
新しい仕事を早く覚える方法
スケジュール管理の基本
忙しすぎて困ってる人に
Getting Things Done GTDとはなにか?
GTDとは(Getting Things Done、ゲッティング・シングス・ダン)の略であり、アメリカのコンサルタン デビッド・アレン氏が提唱した理論です。