スピード処理による時間管理

 

『葉隠』には『七息思案』という言葉が紹介されています。
『思案は、息を七つするほどの時間で決めろ。』という意味です。
また、『万事しだるきこと十に七つ悪し』とダラダラした態度を戒めています。
頭を整理して素早い判断をし、即座に行動に移ることです。
要するに「あとから」「また今度」「明日から」などは行動力を著しく鈍らせます。
何事も、テキパキ要領良く、最短ですませるように心がけます。

 

  1. 気を入れて仕事に集中する。
  2.  

  3. 意思決定、実行はタイミングが悪くない限り、出来るだけその場で処理。
  4.  

  5. 仕事(未処理)をためるな。
  6.  

  7. ダラダラとした仕事をしないよう、終了・完了予定時間をあらかじめ決める。
  8.  

  9. 電話は極力こちらから。
  10.  

  11. 相手と打合せ、商談時間を決めるのも、上手にこちらから。
 

スピード処理による時間管理関連ページ

時間管理のテクニック
中心思考による時間管理法
頭を使った時間管理法
新しい仕事を早く覚える方法
スケジュール管理の基本
忙しすぎて困ってる人に
Getting Things Done GTDとはなにか?
GTDとは(Getting Things Done、ゲッティング・シングス・ダン)の略であり、アメリカのコンサルタン デビッド・アレン氏が提唱した理論です。