時間管理のテクニック

 

人間一人一人に与えられてる時間は、一日二十四時間に限られています。
自分以外の人の時間が使えると、自分の時間は質の高い仕事に当てられます。
とくに、リーダーは自分ばかりが真剣になるのではなく、人を真剣にさせることが大切です。
一方で各種作業を代行して貰います。(調査、読書、出張など)
また、定型化している仕事の中で、目標達成の観点から、無駄なものが無いか、大気的にチェックするようにします。

 

  1. 同時にできることは同時にする。
  2.  

  3. リラックス状態での適度な緊張感を保ち、物事、行動に集中する。
  4.  

  5. 行動に繋がるスピィーディな会話をする。
    • 解説的な発言、繰り返し言葉、行動に無関係な発言はやめる。
    • 『なるほど』『素晴らしい』と言った感想発言に終わらないで、次の行動に結びつく、建設的な発言を心がける。

     

  6. 問題を一人で抱え込まない
    • 専門家の積極的な活用を図る。
    • 積極的な権限移譲を進める。
    • 他人の時間を有効に活用する。

     

  7. 仕事にコレステロールを溜め込まない。
  8.  

  9. 待ち時間、コマ切れ時間を有効にする。
 

GTDって

時間管理のテクニック関連ページ

スピード処理による時間管理
中心思考による時間管理法
頭を使った時間管理法
新しい仕事を早く覚える方法
スケジュール管理の基本
忙しすぎて困ってる人に
Getting Things Done GTDとはなにか?
GTDとは(Getting Things Done、ゲッティング・シングス・ダン)の略であり、アメリカのコンサルタン デビッド・アレン氏が提唱した理論です。