時間管理法の基本

 

ベンジャミンフランクリンは、時間の大切さについて次のように述べています。
『生命を愛するなら時間を浪費するな。時間こそ命を作り上げる原料である。』
一日の時間は誰にとっても二十四時間ですが、これをダラダラと非効率に使うか、テキパキと能率的に使い切っていくかによって、
何ヶ月後あるいは何年後かには、大変な差が生まれる。

 

  1. 基本戦略が確立されていること。
  2. 予定を組む。
  3. やるべきことを書きとめる。
  4. 前日の終わりに次の日の準備をする。
  5. 考えても仕方のないことは考えない。
  6. スピード処理による時間管理をする。
  7. 常に『今、一番うまく時間を使っているか』自問自答をする。
  8. 時間管理のテクニックを身に付ける。
  9. 中心思考の活用。
  10. いまやるべきかを確認する。
  11. その場で結論を出すことが出来るときは、その場で決定する。
  12. 焦らずに長期的に最大効果が出るように。
  13. 頭を使う。
  14. 効率的行動をする。

タイムマネジメント

 

タイムマネジメント記事一覧

人間一人一人に与えられてる時間は、一日二十四時間に限られています。自分以外の人の時間が使えると、自分の時間は質の高い仕事に当てられます。とくに、リーダーは自分ばかりが真剣になるのではなく、人を真剣にさせることが大切です。一方で各種作業を代行して貰います。(調査、読書、出張など)また、定型化している仕事の中で、目標達成の観点から、無駄なものが無いか、大気的にチェックするようにします。同時にできること...

『葉隠』には『七息思案』という言葉が紹介されています。『思案は、息を七つするほどの時間で決めろ。』という意味です。また、『万事しだるきこと十に七つ悪し』とダラダラした態度を戒めています。頭を整理して素早い判断をし、即座に行動に移ることです。要するに「あとから」「また今度」「明日から」などは行動力を著しく鈍らせます。何事も、テキパキ要領良く、最短ですませるように心がけます。気を入れて仕事に集中する。...

 仕事の重要・非重要度を把握し重要度の低いところで時間をとらないようにします。とくに、戦略による絞込みや戦術上のポイントあるいは問題点による絞込みが重要です。 さらに重要なことは、次はどうするか?という、行動まで整理を進めることが大切です。中心点(重要なポイント)が明確であると再開時にスムーズにスタートが切れます。それから今後のチェックポイントを見やすいところにハッキリクッキリ書き残しましょう。次...

常に先を予測し、出来る事は前もってやる。俯瞰するという事。手順をよく考える。道筋を立てて、一歩一歩前進する。ポイント共同作業の場合、関係者の準備期間も考慮に入れ、総合的展開を図ります。基本原則は、自分だけ焦っても効果がでない。そして、同じことの繰り返し二度手間は極力避ける。段取り、前準備を重視し効率のいい方法で行なう事を心がける。効率的行動法優れた仮説により無駄な調査を省く。(専門家やインフルエン...

すぐに役立つものから覚えていく。基本に忠実に。実践の場で覚える。記憶の方法を工夫する。繰り返しツールを利用する。活字などから吸収した知識の断片を実際に自分の知識にする。初めにマスターする日付を設定する。限界に挑戦。ポイント仕事でも、勉強です。実践の場を求めて積極的にチャンスを見つけます。記憶方法については、芋づる式に記憶する。 一つのことを覚えたら、一緒に関連事項も記憶する。 自分の他の記憶と結び...

戦略、基本方針に関する関係者のコンセンサス(複数の人による合意)を得る。実行計画を立てる。定期的にチェックする。 重要事項については徹底した確認を行なう。 人に任せっぱなしでなく、必ず定期的にチェックを行なう。 極力直接あって進歩状況を話し合う。 必ずスケジュール表と対比を行なう。 どこかでなにもしてない状態になっていないか気を配る。非定常業務の場合には特に注意して管理する。ポイント関連業務すべて...

計画通りにことが運ばないことが判ったときは、すでに遅いという場合が多いものです。『スケジュールが管理の基本』ですから、相手にコンセンサスを得た上で、綿密な計画とそのチェックを実行することが大切です。それにも関わらず、計画通りにことが運ばないときは、考えを改めて次の項目を確かめて、実行しましょう。多忙の中から時間を作る方法効率的な仕事をする。仕事を減らす。 戦略的に重要なものに絞る。 人に任せる。 ...

GTD(Getting Things Done、ゲッティング・シングス・ダン)とは、アメリカのコンサルタント デビッド・アレン氏が考案した理論です。仕事の管理手法であり、『次に何をするか』をいかに、モチベーションを損なわないように心理的な負担を減らしながら、生産性を5つのステップを実行することで仕事を成し遂げるメゾットです。