賢者は歴史に学び愚者は体験に学ぶ。

 
賢者は歴史に学び愚者は体験に学ぶ。

上記の解釈
具体的には本を読む事、先人達の事例に学ぶこと。
先人たちの知恵と経験に学び幾多の経験を擬似体験することである。
オットー・フォン・ビスマルク

 

自分の経験でしか物事の判断が出来ない人と、その逆に理屈でしか物事を判断できない人が意外に大勢いる。
足して二で割ったような考えの人だと申し分ないが、どちらかに偏ってしまうと、どちらも肩肘張った理屈屋になってしまう。

 

ビジネスは挑戦というリスクによって利を得るものである。
現象を真正面からクールに見据えなければならない。
常に新しいと新しい挑戦が要求されるのである。
歴史に学び新しい発想の種子を得るためには本を読まなければならない。