サクラ効果(同調効果)

アメリカの心理学者ミルグラムが実験
2〜3人の仕掛人に同調して同じ行動に続く現象の事を言う。
一種の錯覚で、多勢に同調する現象です。

希少性効果

『残り僅か』『本日のみ』『会員制』『限定』などの言葉に反応し
稀なもの、希少なものに価値を感じる現象のことです。
人は、よく目にするものや、ありふれている物に価値を感じません。

バンドワゴン効果

派手なものや華やかなものに惹かれる現象。
太いものに巻かれろっていうのもこれにあたります。
人は、多くの人が支持しているものは、間違いないと思い込む心理があります。
多数の人が持っていいるもの、多数の人が支持しているものは優れているに
違いない、著名人や専門家の言うことを信じてしまうのもこれにあたります。
ですが、思い込みです。

ゼロ円マジック

人は無料という言葉にテンションを上げてしまう。
安さに弱いのが人間の特徴です。
その極めつけが『タダ』『無料』『おまけ』
『今ならもれなくこれもサービス』などなどの言葉に惹かれる効果のことです。

カウントダウン効果

『残り僅か』など期間を分けることで緊急性の演出することで人の『急がないと』という心理を刺激し、
消費者にインパクトを与える方法です。

 

カウントダウン効果=緊急性の演出

 

第一期→第二期→第三期→最終期

 

期分けしたほうが緊急性を演出できる

 

残り僅か あと〇〇日で終了 あと〇〇時間で終了など。

アンカリング効果

値札には必ず2重取り消し線を
アンカリングとは、最初に表示された数字等が基準となってその後の判断に影響をおよぼす現象を言います。
2重取り消し線を引いたあと『早い者勝ち』『残り僅か』などのコピーで『買わないと損する』という損失回避の心理を働かすもの。
人は最初に示された数字を基準にして、値段の高い安いを判断する。

コントラスト効果

安いものと高いものを比較するとき、最初に高いものを提示したら、安いもを購入するハードルがさがる。

テンション・リダクション

テンション=緊張  リダクション=解消(縮小)
緊張が解けると人はホッとして心理的に無防備になるのです。
コントラスト効果と一緒に使えば効果大

保有効果

自分が保有しているモノは、価値を高めに感じる傾向がある。
これは自分のものですから、今すぐ買います。
2002年にノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のダニエル・カーネマン名誉教授が提唱『保有効果』
例は、『試着』『試乗』『試食』『試抱』etc。
商品はケチケチしないでどんどんお客に体験してもらう。『保有効果』によって売れる確率がグッと高くなる。

リスト・テクニック

心理学で言う『同調行動』

 

リストがあるとないとでは心理的効果に大きな違いが出る。
人は、みんなと同じ行動をとりたいと思う心理がある。
流れは『多くの人が契約済み』→『同じ行動をしたくなる』→『お客様が契約する。』

 

論より証拠ってこと。

仕事で使える心理学 その1関連ページ

マズロー心理的欲求
仕事で使える心理学 その2
すべての行動、人の思いは、心理学に繋がると思います。ここでは、そんな心理をまとめてみました。
仕事で使える心理学 その3
すべての行動、人の思いは、心理学に繋がると思います。ここでは、そんな心理をまとめてみました。
仕事で使える心理学 その4
すべての行動、人の思いは、心理学に繋がると思います。ここでは、そんな心理をまとめてみました。
仕事で使える心理学 その5
すべての行動、人の思いは、心理学に繋がると思います。ここでは、そんな心理をまとめてみました。
仕事で使える心理学 その6
すべての行動、人の思いは、心理学に繋がると思います。ここでは、そんな心理をまとめてみました。